6月11日 プロダクトと社会とデザイン 西村 拓紀

工場マルシェ

町工場の人たちが代官山のスポットで、社長の思いや独自の技術のお客さんに直接アピールをするイベントの広告、web

・デザインってなんだ?

料理

で稼ぐ

を準備する

をする

を使う

人の立場によって捉え方が違っている。それはどの人からみたデザインなのかを明確化する

デザインとは計画・計画を記号に表す・設計する(ラテン語

得意なこと、10にする

様々な原動力をみつけてあげるとその人は動いていく。

色々なしがらみを聴きながら範囲を合わせていく。

 

1の企画から0のコンセプトを見つける

この0は違う1が見えてくる本質的0

 

 

企業と手がけたデザイン 

VIESHARE

 

音楽を共有したい音楽を聞きながら話せるスピーカーヘッドフォン

 

archelis

 

手術など医療の現場で歩きながら座ることができる椅子

 

Gatebox

 

二次元キャラと生活したい次元を超えてキャラクターと生活する

 

KUMIITA

 

プログラミングを非言語で学ぶ幼児向けプロダクト

 

 

 

作曲するときボーカルの音域を使い切るように、全ての技術で独自のものにする。

独自でてきることを全て生かすことが新しい価値づけ、サービスになる。

IBRASS

 

独自のパイプ加工技術によるアナログスピーカー

 

 

他にないことを創り

他ではできない物を造った

すると

事実が伝わっていった!

 

 

新しいデザインをスタートして完成、世界に広まるまでの間には、それぞれのもつ独自の得意分野の組み合わせがあることがわかった。

未来のデザインは、こうしたい、こうありたいという強いイメージをチーム全体で生かし、それぞれの技術を発揮することで生まれるのではないかと考えられる。

そして、西村さんの自分のできることを見つめ自分自身の強いコンセプトを持ち続けることが必要だと言う話から自分のもつできるものを自信をもって発揮することが未来のあたらしいものに繋がると感じた。

5月28日 山崎 和彦

山崎 和彦さん 千葉工業大学教授

ポートフォリオは一生作り続けるもの」

「一箇所にいると心地いいけど、離れる勇気を持つことでいろんなことが見えてくる」

 

未来のデザイナーとして生き残る

1.大学での新しい学び

知能メディア工学科複数分野を掛け合わせた新しいデザインの発掘

産学プロジェクトを研究室内で行う楽しさとスキルの追求

2.植物のIotのスタートアップ

プランティオ全員でデザインをする

3.大人の学びの支援

Xdesignによる大人の情報デザインの学び

4.シニアの学びの支援

熱中小学校廃校になる学校の支援

5.子供のスタートアップ支援

VIVITA→未来の職業をつくる 未来の学びをつくる

子供のことは子供が考える、子供の未来は子供が作る

子供が新しい職業をつくる

6.社会のためのデザイン

コミュニティをつくる

プロジェクトをつくる

社会のためのデザインをつくる

Social Creativie Initiative

社会=地域 日本 世界

 

未来のデザインのためには、将来の自分に重要なことを体験する

 

この講義では、未来でデザイナーとしてどう活躍するか、山崎先生自身がどうデザイナーとして生き残っているかをお話いただいた。学びという側面を大事にしている活動は、未来の人たちの未来に繋がっていくと思うと大規模な話に感じたが、それだけ未来のビジョンを大きく持って活動することがデザイナーとしての活躍の一歩なのだろうと感じた。

7月2日 社会とデザイン 玉井 恵里子

株式会社タピエ代表の玉井 恵理子さんの講義でした。

株式会社タピエ

タピエの三つの仕事

タピエ:インテリア部門富裕層など特殊層空間とライフスタイルの企画提案

タピエスタイル:小道具レンタル/ディスプレイ広告業界海外の情報など流行の収集、牽引

タピエマテリアル:クリエイターズ雑貨高感度な女性プロダクト開発、イベント企画、製本

ばらばらなことをしているように見えて企画力と人のネットワークと情報に結びついている。

 

デザインは手を抜こうとしようとすればいくらでも手は抜けるが、やればやるほどやりがいを感じられる。

 

目憶力アップのすすめ

・本を読む 映画を見る モノとみる・・・

・「身近気づき力」を鍛える:順序を変える 視点を変える

・バランス感覚を鍛える:下と上、どちらも感じる

・現場主義であれ;五感をフル活用する現場に必ず行く

 

この講義では、タピエでの活動を通した玉井さんのリアルな気づきを学ぶことができました。インテリアについては詳しくないのですが、デザインという方面で対象の人をどう捉えて活動をするのかということ、同じ方向を向いていても、様々な活動を広げて行うことができるということがわかり、今まであまり関心を持たなかった範囲の活動にも興味を受けました。

 

6月25日 グラフィックと社会とデザイン 中垣信夫

長年グラフィックデザイナーとして活躍されている中垣信夫さんの講義でした。

 

人間は新しい機械を作るが、

新しいものをつくるということは人間の機能を拡張することである。

ラジオといった音のみでしか伝えられない時代、落語(言語の芸術)といった言語の面白さの発達があった。

しかし、テレビといった映像が発信できるようになると、体をつかった芸などが多くなり、言語の面白さは衰退していった。

→こういった技術の進歩で人が持っていたものを失う、人間の能面化なのではないか。

 

グラフィックの技術も、PCの普及によってそうなりつつある。

昔は直接人と会うことで繋がりがあったが、今はバラバラになっていっている。

デザインの幅は振り子のように振れ幅が今小さくなていて、車やスマートフォンなど、色々なものはほぼ同じ形をしている。

→物の能面化が進んでいる。

 

この講義では人類とデザインの進化に落ちる影のようなものを、高齢の視点から警告しアドバイスをいただくような形でした。現代のハイテク化にともなって失われていくものは無駄なものではなく、これからも伝わっていくべきものということは、いろいろな町工場などの技術への注目でもわかる現代の課題点だと感じています。今の人たちに向けた答えというのも当たり前のように必要ですが、未来にむけてどう進んでいくか、その時過去のものにどう向き合うか、温故知新の言葉を大事にしたいと感じました。

 

 

6月4日 防災と社会とデザイン 田中美咲

防災ガール等スタートアップで活動を行なっている田中美咲さんの講義でした。

長崎市行政職員 防災ガール Morning After Cutting My Hair スタートアップ活動

 

・防災ガールとは 130人(20代~30代)の専門家ではない女性によるプロジェクト

東日本大震災を 同じことを繰り返したくない

日本の活動は対処療法しか行われていない現状があった

日本では災害関連死(病死、ストレス起因)が多い

防災をこれからのフェーズへ

 

旧来の避難訓練、講演会、備蓄、防災グッズにフォーカス

・防災ガールのアクション

災害にあうと4人に3人がなにもできなくなる 日本では30年中に70%の確率で3人に2人は被災する

4人に一人しか防災対策をしていない

関東大震災から変わらない防災グッズ(変えることが面倒、変えることで責任を負いたくない)状況の改善

文字のみ160ページの防災情報(責任逃れの情報記載)を必要な情報のわかりやすさの改善

避難訓練の現状(応用の効かない訓練内容)をゲーミフィケーションを絡めた改善

文科省の防衛エキスポの改善、ぎゅっとぼうさい博に(昨年600名参加から3000人超え)

→PARACODE MISANGAファイアスターター、ホイッスル、緊急用につかえる紐

遅れている日本の防災業界全体の課題への理解が広まっている現状へ

 

・防災ガールが起こした変化

スマホ検索1位

海辺のルールの変換 サーファーや海外客は全国移動をする共有のオレンジフラッグ、避難ビルなどルールの設計

民間ムーブメント型から行政を動かさざるおえない型への変化へ海外での受賞を先にすることで取り入れさせる

備えない家 江戸時代には防災がなにもない時どう生き延びた?

保存食、健康管理、体温調整、常に共助という姿勢を生活に取り入れる

・これから生きていく子供達に何をつないでいくか

 

防災ガールの話を通して、自分のもっている防災の意識、または自分の地域でおきている防災への活動について考えさせられました。現在でも各所で起きている災害に対して、今のままの方法でいいのか、自分の近所の小学校では子供達が防災頭巾の持ち運びがないことについて議論していましたが、小学校は最適な防災意識をもっているのか、防災というキーワードでいろいろな興味関心を持つことができました。

自分も世間のニュースの社会の動きを見て、変えたほうがいい、今では不十分なのではないかと思うことが多くあります。そういったことを問題として真剣に向き合って見て、スタートアップとして活動をしていくこと自分の力で変化させていくトライもしていきたいと感じました。

5月14日 地域と社会とデザイン 梶川伸二

インターソシア合同会社代表の梶川伸二さんの講義でした。

GK Design Groupでの実際のお仕事の紹介と合わせて、地域と社会のデザインについて講義をして頂きました。

 

GK Design Group:車、電車や環境系のデザイン

・まちづくりの5つの課題

にぎわい 都市計画 安心安全 景観 環境共生 ユニバーサルデザイン

 

にぎわい:イベント 住民参加のしくみなど

     長屋祭り 葛飾北斎をまつる

交通都市:京都四条通における交通社会実験

環境共生:京都駅 緑化歩廊

ユニバーサルデザイン車いす対応自動タクシー

安心安全:防災訓練の実施

景観:橋のデザイン

 

・デザインに必要なもの

プロジェクト:コミュニケーション力

⬆️

デザイン:デザイン力

🔼

テーマ化:課題解読力

社会問題

 

地域と社会という広く携わったGKデザイングループでの活動のお話を聞かせていただいて、デザインの枠組みにとらわれない活動をしていることに深い関心を得ました。社会問題というポイントからデザインの視点を当て続けるスタイルは、対象ユーザーにしっかりと向き合い、広く受け入れられるデザインを作り出すということを感じました。

5月7日 スタートアップと社会とデザイン 先名泰明

Mistletoe(株)Producerの先名康明さんによる講義でした。

スタートアップとはなにか。スタートアップについてどういうことを考えているかをクイズのような形でお話頂きました。

 

・デザインってなんだろう

実現するための具体的なアイデアを創出すること

 

夢を実現するためにどうしたらいいか

 

・スタートアップって何?

未来をデザインする

 

・今は100年に一度の大改革の時代!

スマホ AI ナノテック

AlphaGo Zero Ai同士の対局だけで学習させた結果、人間をもとにしたもの以上の勝率を得た

 

・スタートアップ誕生・成長のプロセス

夢を持った数人が集まる原理試作品を創るエンジェル(利益を加味しない投資会社など)にプレゼンし投資してもらう

会社設立プロトタイプの製作メンバーを増やすビジネスとしての検証を実施する

 

・どんな姿勢が必要なのか

世界は変えられるという意識「The best way to predict the future is to invent it.」未来を作りたいなら自分でつくる

課題の発見 リサーチを先に立てても、欲しいもの新しいものはできない

 

・どんなアクションが必要なのか?

正解はいっぱい おもしろいこと 解決したい課題を見つける

毎日がプロトタイピングの進化 完成はない 常に進化

 

先名さんの講義は、スタートアップをする意味がわかるものでした。スタートアップは未来をデザインするということで、今現代はAI技術などといった機械の発展が合わさった未来への転換期であるということを実感しました。実際振り返ってみると、自分の人生の中だけでもスマートフォンなど携帯デバイスは大きく進化を続けています。それを今までは自分の周りで勝手に進んでいっていたものでしたが、これからは自分が未来に向けて進んでいく時期で、そのためのいろいろな面白いことや課題に溢れている時期だということ、それを大切にして取り組んでいきたいと感じました。