うみめむめも

講義内容

大学院特別講義7.24 隈元 章次さん

「正解はない、すぐにアプトプットをする」 SITE4D 隈元 章次さん 複雑な課題→無数にある技術→少数精鋭 ↓ 現場検証 現状はデータの可視化をする人材が不足している(経営コックピット) 棒グラフは幅をとる→感覚的に示す→UIの凝縮 「ビジョンをいきなり設計…

大学院特別講義7.10 中垣 信夫さん

変わった状況は未来の変化の基となる。 中垣 信夫さん 「今は一人で何でもできるように見えるが、自分一人ではなくて複数人で始められる今必要なことがある。共同体を持つことを優先」 「アイデアは今の知識と体験の組み合わせ。脳内の素が動いていることと…

大学院特別講義7.3 中村 寛治さん

中村 寛治さん 株式会社ヒューマンセントリックス 「紙の資料より動画の方が伝わります」 「お客さんが価値を感じたものは確実に未来をつくっていく」 ・ビジネスに至った経緯 動画のパワー、バイラルを感じた。 人が持っている本来の輝きの発揮できる場とし…

大学院特別講義6.26 山崎 和彦さん

山崎 和彦さん 千葉工業大学教授 「ポートフォリオは一生作り続けるもの」 「一箇所にいると心地いいけど、離れる勇気を持つことでいろんなことが見えてくる」 未来のデザイナーとして生き残る 1.大学での新しい学び 知能メディア工学科→複数分野を掛け合わ…

大学院特別講義6.19 井登 友一さん

井登 友一さん インフォバーン 「エクスペリエンスデザインに必要なことは”誰に””どんな””どのように”」 「ユーザの自覚、理解していないレベルで」 良質なエクスペリエンスデザインには、体験を変え、新しい価値を生み出す”リフレーミング”をする。 -エクス…

大学院特別講義6.5 田中 良治さん

田中良治さん SEMI TRANSPARENT DESIGN 「自分のできることは自分でする。痛みの経験は知識じゃない、わかる人がアートをする」 ソニーブラビア広告:ソニービルの色をwebから変えることができる。 →広告とリアルの融合が流行 トーマスルフwebサイト:トップ…

大学院特別講義5.22 伊賀 聡一郎さん

伊賀聡一郎さん PARC・日本代表/シニアリサーチャー・ユーザーリサーチ 専門:インタラクションデザイン HCI(Human-Computer Interaction) エスノグラフィのビジネス応用 エスノグラフィ ethnography = ethnos(民族)+ graphia(書かれたもの) :人類学・…

大学院特別講義 5.8 玉井 恵理子さん

tapie 玉井 恵理子さん デザインプロセス ↓自分自身の好きへの好奇心 ↓目憶力による選別 ↓情報をストック ↓仕事の依頼によるストック ↓仕事の依頼によるストック活力 ↓分析 ↓必要なトーンを選択、組み合わせ ↓探求 完成 タピエ タピエマテリアル タピエスタ…

大学院特別講義 5.1 西村 拓紀さん

西村拓紀デザイン 西村 拓紀さん 1の企画から0のコンセプトを見つける この0は違う1が見えてくる本質的0 企業と手がけたデザイン ・VIESHARE 音楽を共有したい→音楽を聞きながら話せるスピーカーヘッドフォン ・archelis 手術など医療の現場で歩きながら座る…

大学院特別講義 4.24 深田 新さん

IDEE 深田 新さん 昔はよかったとは思わない。 もっとこうしたらおもしろい、若い人の心をゆさぶるものを考えていく 素材と向き合い手を動かして考える 水も空気も人も、澱んでしまうとだめになる

大学院特別講義4.17 原田 朋さん

QUANTUM 原田朋さん まだない商品の話をする。これからだすものを一緒に作る。 Accelerator:大企業とベンチャーを結びつける Partnership:共創による新規事業 Malers:独自に新しいことをする Google Android 一般公募した新しいプロダクト ・家族で共有でき…